2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 水曜日は雨が多い[No.2945] | トップページ | 欠席者追加[No.2947] »

2013年7月 3日 (水)

オトナの漫文<元CIA職員の処理>[No.2946]

大 = 大統領
長 = CIA長官

<プランA>

 大 : 君ぃー、何か良い手は無いのか!

 長 : はい、抹殺の手配を整えております。

 大 : しかしそれは、まずいんじゃ無いのか?

 長 : 確かに、我が国が手を下せばですが
     亡命国側で処分させようと考えております。

 大 : ほぉー!それなら安全!で、その手は?

 長 : 彼が我が国のスパイだと思わせる情報や証拠を
     それとな~く「リーク」させます。
     いや、亡命国のスパイに盗ませます。
     すると・・・

 大 : すると、我が国が手を下さなくても・・・、だな!!


<プランB>

 大 : ど~だ進行具合は?

 長 : 順調に行っております!
     彼が我が国のスパイとも知らずに
     あの、お節介な団体がしゃしゃり出て
     力を尽くしてくれております。

 大 : そうか、そうか・・・
     では、マスコミを呼んで、もう少し彼のことを非難しようか!


<プランC>

 大 : 君ぃー!何か良い手は無いのか?

 長 : はぁ~・・・。
     今のところ、打つ手無しです。
     放置するしかなさそうです。

 大 : やっぱりそうか・・・
     すると彼は亡命に成功する訳か・・・

 長 : しかし、それは彼にとって、本当に幸せでしょうか?
     私の知っているケースでは
     初めの10年ほどは、亡命先でちやほやされますが
     いつか忘れ去られ、逆に疎まれます。
     いや、自国を裏切る様な輩など信じてもらえず
     非難の対象になる可能性が大です。

 大 : 確かに・・・
     そして見知らぬ国で長い年月を過ごし年を取る・・・
     やがてそこに訪れるものは・・・

 長 : はい、胸張り裂けんばかりの「望郷」です。
     しかし、二度と戻ることが出来ないのです。
     果たして、彼はそれを乗り越えて、天寿をまっとうできるか・・・
     私なら・・・
     自信無いです・・・

« 水曜日は雨が多い[No.2945] | トップページ | 欠席者追加[No.2947] »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500509/57711989

この記事へのトラックバック一覧です: オトナの漫文<元CIA職員の処理>[No.2946]:

« 水曜日は雨が多い[No.2945] | トップページ | 欠席者追加[No.2947] »