2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 男の甘くせつないバラード・4/4[No.3583] | トップページ | 来たデェー!来たデェー![No.3585] »

2014年6月24日 (火)

銀二貫[No.3584]

へぇっ!いつもおせわになって、ありがと~でございます。

大坂天満の井川屋さんの隣の

丼川屋(どんがわや)のエッチ、いや丁稚の山吉でおます。

よろしゅぅ~おたのもぉ~します。

さて、だいぶ前から「銀二貫」ちゅー本が話題となっておって

先日もKAZU先輩とこでもこの本の事書いてはりましたが

ワタイ、軽くスル~しておりましたや。

しゃ~けど、某NHKはんが連続ドラマとして放送しはったんで

とりあえず全部録画させてもらいました。

Image2
[ http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/gin2kan/ ]


でも、なかなか見れんかったんでおますが

やっと数日前から見だしたら

すっかり!首まで、いや、頭のテッペンまでドップリ!ズブズブ!

に「はまって」しもぉ~たんでおます!

とにかく、6,7,8,9の回では

2回から3回泣いてまいました!

そんなんで、やっぱり原作読まなアカン!と思い

駅前のブックオフさんでコ~て来ましたんや!

160img_1554
せっかくやから、ゆ~くり読もぉ~て読み始めましたが

アカン!止まらん!

たった二日で読んでまいましたんでおます!(寝不足やぁー!)

作者さんは「高田 郁(かおる)」さんちゅ~んでっか!

いやぁー、ホンマに面白い本でおました!

しゃ~けど、エライすんまヘン!

丁稚の分際でゆわしてもらいますと

「嬢さん(いとさん)」は確か「と~はん」やと思いますし

「けんども」も使わんことおまへんけど

少し四国の方寄りやと思とりま。

けんど、ワタイのは船場言葉かも知れまへん。

また、某NHKのドラマは内容だいぶ変えてはりますが

それはそれでオモロかったでおました。

特に原作には無い「お咲」ちゃんの存在は

エエ色を添えてくれはりましたが

この娘(こ)(浦浜アリサちゃん)

デカ過ぎる!

顔、濃い過ぎる!

方言は正確やったけど

他にイ~ひんかったんかと思てます。

それと、真帆ちゃんのやけどの跡・・・

TVの限界かも・・・

とにかく、「山本周五郎先生ロス」のワタイを

高田先生、埋めてくれはる様に思ております。

最期に、うっとこの町内にある寒天場です。

ホンマもんでおます!

160img_1551
160img_1552
160img_1553

へぇっ!最期まで読んでくれはって

ホンマにおおきにさんでございました。

« 男の甘くせつないバラード・4/4[No.3583] | トップページ | 来たデェー!来たデェー![No.3585] »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テレビ初回から見ていました。井川屋さんの暖簾の家紋?が
私の知っているある会社のロゴマークとあまりに似ていたので気になっていたんです。
旦那はんが大切な寄進の銀二貫で 少年を買った場面が特に好きです。

今回ご出演の俳優の皆さん
たいへん「正しい関西弁」をお使いで気持ち良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500509/59867880

この記事へのトラックバック一覧です: 銀二貫[No.3584]:

« 男の甘くせつないバラード・4/4[No.3583] | トップページ | 来たデェー!来たデェー![No.3585] »