2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 毎日新聞の数独・第11日の解説[No.6556] | トップページ | ひょっとしたらコロナの影響?[No.6558] »

2020年5月15日 (金)

小説「甘夏とオリオン」(増山 実)[No.6557]

結構分厚い本で、今、物差しで測ったら約2cm有りました。

だいぶ前、このコロナの騒ぎが起こる前

イオン猪名川店の本屋(田村書店)さんが営業されていたとき

何故か本の帯を見ただけで買ってしまいました。

俗に言う「ジャケ買い」みたいなモンです。

ざぁーと言うと、落語家を目指す女の子の話なんですが

冒頭からドえらい事が発生します。

な・なんと!入門した落語の師匠が失踪してまうんです!

筋の説明はこれくらいにします。

作品の中には知ってる落語がいっぱい出て来ますし

著者がバリバリの関西人、いや、大阪人ですので

登場人物が話す大阪弁が正しい!

それがうれしい!

先ほど読み終わりました。

終わりかけの部分で、何故か少しウルっと来てしまいました。

決して「泣かんかいワレェー!」って事無いのに・・・

実は、今年のやりたい事の一つに、大阪天満の繁昌亭(天満天神繁昌亭)に

落語を聞きに行くってのが有ったんですが、このコロナで・・・

再び言います。

  コロナのバカやろぉー!

です。

なので、クリアーになった暁には

繁昌亭に行ってバカほど笑ってやろうと思っています。

  疫病退散!

« 毎日新聞の数独・第11日の解説[No.6556] | トップページ | ひょっとしたらコロナの影響?[No.6558] »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログ更新記録にチャレンジしていたのに昨日は休み。
コロナには負けないで下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日新聞の数独・第11日の解説[No.6556] | トップページ | ひょっとしたらコロナの影響?[No.6558] »